ブログトップ

或る夜の話

nagibosi.exblog.jp

融けた夜 褪せた虹 堕ちた星

<   2014年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

アラマリ嬢の歌声はやはりいい

泥水の中にいながら清々しい気になれる
[PR]
by nagikaze9900 | 2014-06-29 22:09 | 中の人 | Comments(0)
その言葉の役

それは脅迫であり、相互の確認であり、また自己満足である

使えばどんどん嘘っぽくなるこの言葉
使わなければますます距離が離れて行くようなこの言葉

つい漏れてしまうくらい僕の口は今綻んでいる
[PR]
by nagikaze9900 | 2014-06-28 00:20 | Comments(0)
後ろ向きな考えだから最後まで予想をしてしまうのか

いずれ最後を迎えるのは後ろ向きだからなんだろうか

どんどんなりたくないものになってしまう

いたいのはいやだ、とまれなくなる

こわいのはいやだ、うごけなくなる

こんなものはここにしか吐き出せない

嫌われていたくてこわい思いをしたくないから
[PR]
by nagikaze9900 | 2014-06-22 23:12 | 吐き捨て場 | Comments(0)
砂の船の上で見る夢

相も変わらず結局は痛みから逃げる日々

痛みに耐え切れず暴れればその船は沈んでしまうだろうと

都合のいい台本を作り、演じる事はないままその台本を読み続けるだけで悦に浸っている

僕は何かを取り違えたままのかもしれない

”好き”が”嫌われたくない”になってるのかな



[PR]
by nagikaze9900 | 2014-06-12 23:51 | 中の人 | Comments(0)
色に例えると俺は白だと言われた事がある

染まりやすいとか純粋とか・・・清潔さは当時あんまりなかったな髪とかヒゲとか\(^o^)/

前者だとして俺は何色に染まってしまったのでしょうか

真っ白のまま生き続けてるとは到底思えんし真っ白のままなんて人間ではないとも思える
[PR]
by nagikaze9900 | 2014-06-08 22:56 | 中の人 | Comments(0)
熱し冷ましてまた熱して

平らに無関心に生き続けてれば伴う必要のない痛み

何らかのアクションをするたびになにかしら歪みが生じ、その先に換えがたい何かを手に入れるために

痛みのある世界を共に歩こうと決めたんだ

頭が痛い
[PR]
by nagikaze9900 | 2014-06-07 23:22 | 中の人 | Comments(0)
加速していたようで止まっていた世界が終わり

動いていないようで速く廻る世界がまた始まる

どちらにもそれなりの幸せがあり、そうでないものが混ざる

どちらでもそれなりに生きていける、

それでも俺は

部屋が広く感じる
[PR]
by nagikaze9900 | 2014-06-03 19:21 | 中の人 | Comments(0)
拠り所が一つなくなっただけの話

たった一つの拠り所を失っただけの話

残ったのはちょっとの頭痛と悔しさ

無くなったのは人に好かれるという事象を自信にしていた僕の後ろ盾

それだけの瑣末で粗末なお話にもならないお話

寝付けない夜はまだ終わらない
[PR]
by nagikaze9900 | 2014-06-02 22:47 | Comments(0)