ブログトップ

或る夜の話

nagibosi.exblog.jp

融けた夜 褪せた虹 堕ちた星

第403夜

幸せを求め続けるものはその程度で満足なのかと足元を見て嗤い

その程度で満足しているものはいずれ抱えきれぬ幸せの影につぶれてしまえと頭上を呪う

ものさしは人それぞれに用意されているのだ

それを一度ならずとも何度も何度も振り回し押し当てるのならばいずれは

と思いながらもそこで止まるのも小心者故の生き方であり処世術だ

だからあまり踏み込むなよ
[PR]
by nagikaze9900 | 2015-09-28 00:08 | 中の人 | Comments(0)