ブログトップ

或る夜の話

nagibosi.exblog.jp

融けた夜 褪せた虹 堕ちた星

第360夜

傷を舐めてもらって直ってしまえば僕は味をしめてしまうから

酒に飲まれて溺れてしまえば僕は帰って来なくなりそうだから

煙草に身を委ねて深く呼吸すれば自分が出て行ってしまいそうだから

飛び交う銃弾を全部拾って当たりに行くような感じ

逃げ道はそこに差し伸べられてるけど決してそっちに目は向けず手を掴まない

言われなくても知ってるよ、馬鹿な生き方だって事くらい
[PR]
by nagikaze9900 | 2014-05-07 23:26 | 中の人 | Comments(0)